CoCo壱番屋でおなじみの[7630]壱番屋から奇妙なカレー「麻辣豆腐カレー」登場。早速株主優待券でいただきます。 - 高配当株で配当金生活

CoCo壱番屋でおなじみの[7630]壱番屋から奇妙なカレー「麻辣豆腐カレー」登場。早速株主優待券でいただきます。

最近、外食系のお店で営業利益を減らす企業が多いように思うんですけれども、そんな中ひたすら「ヨコヨコ」の業績を続けているある意味「私向き」の銘柄と言えるかもしれない、カレーハウスCoCo壱番屋でおなじみの[7630]壱番屋。

このカレーハウスCoCo壱番屋は、ファーストフードの中では比較的高いようにも思えるんですが、プレーンカレーだと基本400円で食べられるため、牛丼やハンバーガーチェーンに比べて割高であると言い切る事もできないんですよね。

実際の所、お店で他のお客さんの注文をチェックしていると、プレーンカレーだけという注文はなかなか見かけないので、客単価から言うと意外なほどに高くなっているのではないかとは思うんですけどね。

壱番屋[7630]の株主優待券(5月/11月 年2回)

CoCo壱番屋で使える飲食券
■ 100株以上:1,500円相当(500円×3枚)
■ 500株以上:5,000円相当(500円×10枚)
■ 1000株以上:10,000円相当(500円×20枚)

壱番屋[7630]の主要指標(2013年5月25日現在)

■ PER:33.2倍(予想)
■ PBR:2.95倍(実績)
■ ROE:9.9%(実績)
■ 配当利回り:1.32%(予想)

さて、そんなCoCo壱番屋から、この夏2013年7月末までの期間限定でちょっと変わった新メニューが登場しました。その名も麻辣豆腐カレーということでありまして、その名前からして辛そうではありますが、一体どのような商品なのでしょうか!?

麻辣豆腐カレー

その「麻辣豆腐カレー」のメニュー上の画像はこのようになっています。まさに「麻婆豆腐+カレー」という内容なんですよね。CoCo壱番屋からの商品紹介を引用しておきたいと思いますが、

花椒(ホアジァオ)の舌が痺れるような辛さ「麻味(マーウェイ)」と唐辛子の舌がヒリヒリするような辛さ「辣味(ラーウェイ)」の二種類の異なった“辛さ”が特徴の四川料理。その代表格ともいえる『麻辣豆腐(マーラードウフ)』を、カレーと合うようにココイチ流にアレンジ。

という事なんですよね。では、「麻婆豆腐」と「麻辣豆腐(マーラードウフ)」がどのように違うのかが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか!? 私は気になって仕方なかったんですけれども、その違いを調べてみるとどうも「同じもの」という意見もあるようですし、「麻辣豆腐(マーラードウフ)」は肉が入っていないという意見もあるようです。

まあ、実際の所、CoCo壱番屋の今回のメニューの場合は、お肉が入っているようですし、結局麻婆豆腐との違いは分からないという事になりますね。まあ、その辺りは深く気にしすぎない事にしたいと思います。

カフェオレ

100円のカフェオレ:値段調整で注文しています。

麻辣豆腐カレー+茄子

ということで、今回は[7630]壱番屋の株主優待券500円を2枚キレイに使い切るために、麻辣豆腐カレーに茄子をトッピングし、さらに100円で追加注文できるカフェオレも注文する事としました。これで、合計1,030円となりまして、500円の株主優待券を2枚使い切れました。

このメニューは、その辛さがどうなの!?と気になる方もいらっしゃると思いますが、「子供の方はご注意ください」とメニューの注意書きに書いてある通り、確かに「辛い」事は間違いありません。ただ、本場四川で食べた事のある四川料理に比べると日本人向けにアレンジされているなと思いました。個人的には普通のカレーの方が好きですけれども、ネタとしては一度は食べてみたいカレーだと思いますね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.