旅行好きの基本銘柄[9202]ANA・全日本空輸から半額で飛行機に乗れる株主優待券8枚とホテル2割引チケット集をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

旅行好きの基本銘柄[9202]ANA・全日本空輸から半額で飛行機に乗れる株主優待券8枚とホテル2割引チケット集をいただきました。

配当金生活を送っている私の数少ない趣味の1つが「旅行」ですけれども、旅行系の銘柄として一番知名度が高いのは[9202]ANA・全日本空輸ではないでしょうか。まあ、ライバルの[9201]JAL・日本航空の方も株主優待券がある訳なんですけれども、株主優待券の割の良さで言うと[9202]ANAの方が上なんですよね。

他には、西日本にお住まいの方ですと[9021]JR西日本・西日本旅客鉄道も新幹線・特急などの料金が半分になりますので、オススメの銘柄と言えるでしょうね。実際の所は、最近はピーチ航空・ジェットスター航空などのLCCの参入より、普通運賃から半額という[9202]ANAや[9021]JR西日本の株主優待券のありがたみも薄れているとは思うんですけれども、この両社の場合は「プレミアムクラス」「グリーン車」に株主優待券を使う事が出来ますので、個人的にはまだまだ使い勝手は良いと思っていますね。

さて、本日はその[9202]ANAから法人4,000株+個人4,000株の8,000株分の株主優待券をいただきましたので、ご紹介する事にしたいと思います。この8,000株でいただける株主優待券の数は8枚。国内旅行4往復分に使える訳でして、個人的には沖縄2往復、札幌2往復に使いたいかなと思っています。

ANA・全日本空輸[9202]の株主優待券

株主優待券(普通運賃50%割引)
■ 1、000株まで:1,000株毎に1枚
■ 10,000株まで:4枚+4,000株以上は2,000株毎に1枚
■ 1,000,000株まで:7枚+10,000株以上は4,000株毎に1枚
■ 以上は8,000株毎に1枚

さて、[9202]ANA・全日本空輸の株主優待券の内容はこのようになっています。優待好きの個人投資家の方にはある意味常識かもしれませんけれども、昔からANAの株主優待券は4,000株までの割が良いため、家族が何人かいらっしゃる方の中には、全員の名義で4,000株保有しているという方も多いのではないでしょうか。

この[9202]ANAの業績についてちょっと見ておきたいと思います。中国との政治的な軋轢やボーイング787の問題などもあり、中国路線に力を入れている[9202]ANAの業績も心配なのではと考えている方もいらっしゃると思うんですけれども、実際の所は営業利益ベースで過去最高を絶賛更新中なんですよね。

それでも、ここ数年で行われた増資の規模があまりに大きかったために、株価の方はイマイチとなっています。昨年は154円をつけた場面があり、この記事を書いている段階での株価は1.5倍ほどになっていますので、ある意味イマイチではないと言えるのかもしれませんけれども、昔からANAを保有しているという方には、400円台以上という方も多いのではないかと思います。

これから、アジア路線を中心に規模の拡大を目指して行くというANAですけれども、色々な会社を使っている私からすると、サービス面では世界でもシンガポールなどのトップエアラインを除くとトップクラスではないかと思うのです。燃費の良いボーイング787を効率的に国際線に投入し、路線規模を拡大させてほしいですね。そうすると、いずれの400円台復帰も夢ではないのではないかと思います。

ANA・全日本空輸[9202]の主要指標(2013年5月24日現在)

■ PER:17.89倍(予想)
■ PBR:1.05倍(実績)
■ ROE:5.1%(実績)
■ 配当利回り:1.74%(予想)

[9202]ANAから株主優待券をいただきました。

ANA 9202 株主優待券

さて、今回は個人・法人ともに4,000株分のANA[9202]の株主優待券をいただきました。上記は国内線の普通運賃が半額になるチケット8枚になりますね。上にも書いた通り、LCCの普及で以前よりは買い取り金額自体は低くなってしまったんですけれども、個人的にはまだまだ愛用していきたいと思っています。

ANA 9202 株主優待セット

上記の普通運賃の半額割引券だけではなく、色々な株主優待のチケットも付属されています。中には色々あるんですけれども、役に立ちそうなものとしては、自社の旅行ツアーが7%割引になるチケットや、国内の空港の直営売店が10%割引になるチケットでしょうか。

ANA 9202 ホテルの株主優待券

そして、この中で一番役にたちそうかなと思うチケットが、「ホテルの20%割引券」です。2割引というと、たいした事ないとお思いになる方も多いと思うんですけれども、この割引は「ベストフレキシブルレート」というネット上で予約できる最安値レートからさらに2割引という事なんですよね。

この株主優待券の使い方について、疑問に思う方もいらっしゃると思いますので、ここでご紹介したいと思います。まずは、ANAホテルズの公式サイトの株主優待券向けページで予約を行います。そして、後は実際に宿泊する時に上記の株主優待券を忘れずに持って行くという事なんですよね。

この株主優待向けの宿泊レート。ベストフレキシブルレートから2割引という事もあり「特別なセールのレート」を除くと最も安い宿泊代金である事が多い気がします。私のように「ANAダイヤモンド会員」の場合は、1割引+朝食付きなので、ダイヤモンド会員の割引を使う事の方が多くなってしまうんですけれども、ANAのヘビーユーザー以外の方には一番オススメの割引であると言えるでしょうね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.