アメリカはシカゴから「ヒルトングループ」の封筒をいただきました。来年の「ヒルトンHオナーズ」の会員カードのようですね。 - 高配当株で配当金生活

アメリカはシカゴから「ヒルトングループ」の封筒をいただきました。来年の「ヒルトンHオナーズ」の会員カードのようですね。

昔は国内旅行では東横イン、海外でも出来るだけ安い所に宿泊していた私なですけれども「配当金生活」を始めた今となってはせめて「配当金」の分くらいは毎年使い切ろうと思いまして、その分旅行の内容も少し豪華になりました。その内容はこちらのコーナーでも時々ご報告していますけれども、ホテルについては最近は1泊1万円台の所に宿泊する事が多くなりましたね。

以前は、そのホテルについては航空系のホテルを中心にその時々の気分に応じて色々なホテルを使うことにしていたんですけれども、今年2013年2月からアメックス・プラチナカードのサービスがアップグレードされまして、シェラトンで有名なスターウッドのゴールド会員が付与される事となり、先日のオーストラリア旅行からシェラトングループに集中して宿泊を行う事にしています。

今回は、ヒルトンホテルで有名なヒルトングループからの手紙を受け取った訳なんですけれども、今までは年に1〜2回くらいはこのヒルトングループのホテルを利用していましたね。世界中津々浦々とホテルがありまして、正直な所世界有数の利用しやすいチェーンだとは思うんですけどね。アメックスも本当はヒルトンと提携してくれれば・・というのが正直な感想です。

ということで、シカゴからお手紙をいただきました。

ヒルトンからの手紙

ということで、ヒルトンホテルで有名なヒルトングループからお手紙をいただきました。発送地をチェックしてみるとシカゴのようなんですよね。本社もそのアメリカ・シカゴなのかと思ったんですけれども、本社自体はカリフォルニア州にあるようです。カリフォルニア州から日本に手紙を送った方が近そうなイメージではあるんですけどね。

手紙

ということで中をあけてみたいと思いますけれども、ヒルトングループなので当然ながら英語で手紙が書かれている事になります。この手紙を読んでみると、私は「ブルーステータス」を獲得したという事なんですよね。なんて言う事はありません。ブルーステータスというのは誰でも獲得できるステータスでして、要するに一番下のステータスという事になります。それでも、アーリーチェックインとレイトチェックアウトが利用できるのは親切な方と言えるのではないでしょうか。

カード

そして、新しいヒルトングループもカードもいただきました。カードのデザインだけで言うと他のホテル系のカードよりもかっこいいのかなと思います。記事の冒頭で述べた通り、今年からはアメックス・プラチナカードでシェラトングループのゴールド会員が付与される事になったので、このヒルトングループのホテルを使うことはもうないかと思います。個人的には、シェラトンに対抗してアメックスとの提携を期待したい所ですね。同じゴールド会員なら、ヒルトンの方が優れているように思えますからね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.