ANA VISAプラチナ プレミアムカードから「プラチナグルメクーポン」「プラチナホテルズ」の案内をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

ANA VISAプラチナ プレミアムカードから「プラチナグルメクーポン」「プラチナホテルズ」の案内をいただきました。

今回は、私が保有しているクレジットカードのうち、ANA VISAプラチナ プレミアムカードから「プラチナホテルズ」「プラチナグルメクーポン」の案内をいただきましたので、ご紹介する事にしたいと思います。

この両サービスをまずは簡潔に説明したいと思いますが、「プラチナホテルズ」の方は、全国40のホテルと10の旅館におきまして、部屋もしくは料理のアップグレードなどが行われるサービスということになります。東京地域のみにサービスが偏る事なく、全国の主要都市に満遍なく対象ホテルがありますので、サービスの恩恵を受けられる方は多いのではないでしょうか。

また、「プラチナグルメクーポン」の方は、奥様・彼女のいる方にオススメでして東京・大阪を中心とする大都市圏のレストランで1人分の料金で指定コースを2名様分いただけるという物になります。ダイナースカードでも似たようなサービスはありますけれども、扱っているお店が違っていますので、どちらが良いかはそれぞれ・・という事になりますね。

たっちゃんが現在保有しているクレジットカード一覧(2013/3月更新)
アメックス・プラチナカード
ANA VISAプラチナ プレミアムカード
JALダイナースカード
デルタアメックス・ゴールドカード
ANAソラチカカード
楽天カード

ANA VISAプラチナ プレミアムカードから黒い箱をいただきました。

ANA VISAプラチナ プレミアムカード 黒い箱

さて、このブログでは最近取得したばかりのANA VISAプラチナ プレミアムカードですけれども、このカードは基本は「三井住友VISAプラチナカード」にANAのプレミアムなサービスが付加されているカードという事になります。という事で、今回ご紹介する「三井住友VISAプラチナカード」の2サービスも利用できるという事になりますね。

プラチナクーポン

箱の中をあけてみると手紙が入っていました。普通の紙かと思いきや、この手紙はかなり上質な紙で作られているようですね。「プラチナカード」というだけあって、この辺りにはこだわりが見られます。ただ三井住友VISAプラチナはテーマカラー「黒」でそろえられているのですけれども、「黒がプラチナ」かというと、個人的にはちょっと違和感を感じるんですけどね。

プラチナホテルズ

こちらはプラチナホテルズの案内になります。東京で対象となっているホテルは、大阪に比べると単価が高い所が多いようですね。「ザ・ペニンシュラ東京」なんて超高級ホテルかと思いますが、このホテルが2人で5万円というのが高いのか安いのか・・。大阪の高級ホテル「セントレジス大阪」だと2人で24,000円からで、さらに部屋がアップグレードされますので、東京→大阪に旅行にいらっしゃる方には良いサービスなのかもしれませんね。

東京・大阪だけでなく、福岡や沖縄など、私が行きそうな所は津々浦々とサービスの対象になっているようですので、実際に使う機会がありましたら、このブログ内でご報告するようにしたいと思います。基本、こういうサービスは2人以上前提なので、なかなかチャンスはないと思いますけどね。 ※上記画像左はセントレジス大阪、右は沖縄ブセナテラス。両方ともプラチナホテルズ加盟の超オススメ高級ホテルです。

プラチナグルメクーポン

そして、こちらは「プラチナグルメクーポン」になります。こちらは、東京・大阪のお店は豊富なんですけれども、神戸市のお店は4件しかなく、しかもクルーズが対象になったりしているので、実質はもっと少ないんですよね。まあ、大阪は選べるほどお店がありますので、機会があれば大阪のお店を訪れてみる事にしたいと思います。

ただ、こちらも「2人で1人分の料金」ということなので、2人で訪れる事が前提なんですよね。まずは、一緒に行ってくれる人を探すのが難儀なんですけれども、そればかりは自分でなんとかする事にしたいと思います。

また、このクーポン実質半額という事でお得感たっぷりなんですけれども、一部のお店では実際にウェブサイトに掲載されていないコース料理を指定している事があるようです。

そういうコース料理は私の予想では「かなり割高」になっていると思いますので注意したいですね。逆に、ウェブに掲載されているコースをそのまま提供しているお店は良心的なお店だと思います。クーポンがなかったとしても、実際に利用したくなるお店ですよね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.