野村豪ドル債オープン・プレミアム(毎月分配型) - 意味不明なプレミアムをできるだけ簡単に解説します。 - 高配当株で配当金生活

野村豪ドル債オープン・プレミアム(毎月分配型) - 意味不明なプレミアムをできるだけ簡単に解説します。

2012年3月の投資信託の販売について。愛読紙の日経ヴェリタスによれば、先月一番資金流入の多かった投資信託は、野村證券の野村豪ドル債オープン・プレミアム毎月分配型だったんだそうです。野村證券の投資信託は次から次に新しい仕組みを考えだしてくるので、私としても本当に勉強になります。自分は、野村證券に口座自体を持っていないので、買うことはないんですけど、実際に販売員の説明を聞くと、もし説明がうまければ買ってしまうのでは?と思ってしまうほどです。

この野村豪ドル債オープン・プレミアム毎月分配型は、今年2月17日に設定されました。販売の上限の目安は2000億円とされていたのですが、3月末の純資産残高は2657億円と既にその基準を上回っており、3月19日に新規の販売を停止しています。こんな短期間でこれほど販売してしまうとはさすが野村證券と言うべきでしょうか。

この投資信託は、基本的には普通の豪ドル債券に投資する投資信託なのです。それだけだったら、普通に外債を買えばいいということになるのですが、この投資信託が独特なのはプレミアム戦略と呼ばれるもの。プレミアムとかエクセレントとかトップとか良く聞く名前の単語は大抵名前負けしてしまうイメージですが、これはオプション投資用語のプレミアムから来ているため、名前のイメージで売るといった意図ではありません。

名前負けでないプレミアム戦略って超簡単に解説すると?

このプレミアム戦略ですが、基本的にはコール・オプション(豪ドルを買う権利)を売るというものになります。買う権利を売るってチンプンカンプンですよね。どっちやねん!とツッコミたくなります。ちなみに、野村證券のページでは、以下のように説明されていました。

通貨プレミアム戦略

これでもちょっと分かりにくいですよね。ですので、誤解を恐れずに私なりに超簡単に端的に言いますと、

  • 円高豪ドル安→円建てでは損しますが、プレミアム分だけ損失をカバーできる
  • 多少の円安豪ドル高→プレミアム分だけさらに儲けが増える
  • かなりの円安豪ドル高→為替変動分の利益は打ち消し。一定分までしか為替変動益が出ない。

となります。つまり、かなりの円安豪ドル高になると予想する人は、普通の豪ドル債券ファンドを、それ以外の人はこのファンドを買えばいいということになります。本当はオプションを絡めた商品って、説明が難しいので安易に売るのはどうなの?と思ってしまうのですけど、上のことを理解した上で、結果的に損となっても文句を言わないような人なら買うことは選択肢として考えられるのかもしれません。

ちなみに、3月27日現在での年率のコール・オプションのプレミアム収入は年率4.4%と資料に書いてありました。基本的には世界の金融市場が落ち着けば落ち着くほどプレミアムは下がる傾向にあるのですが、今後はどうなるんでしょうね?これだけ売れた商品だけに、いずれは販売再開もあると思いますので、今後に注目していきたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.